2019/02/19 07:51

車両保険を付けると保険料は一気にアップ! なんとか安くする方法はないか?

カバーする範囲を狭めれば保険料はぐーんと安くなる まず、ひとつは車両保険のカバーする範囲を狭くするという方法です。   <一般タイプ> 車両保険の中で最もカバー範囲が広いのは、いわゆる「一般」タイプで、これは戦 […]

カバーする範囲を狭めれば保険料はぐーんと安くなる

まず、ひとつは車両保険のカバーする範囲を狭くするという方法です。
 

<一般タイプ>

車両保険の中で最もカバー範囲が広いのは、いわゆる「一般」タイプで、これは戦争や地震、噴火といった特殊なケースを除けば、ほとんどの車両損害を補償してくれます。
 
自分の運転ミスでガードレールと接触してしまったような自損事故はもちろん、盗難や当て逃げ、さらには台風などの自然災害や火災・爆発による被害にも対応してくれるのです。
 
ただし、補償範囲が広いだけに保険料は高くなってしまいます。
 

<エコノミータイプ>

一方、カバー範囲の狭い「エコノミー(車対車+A)」タイプの場合、保険料は「一般」の車両保険が付いた自動車保険に比べると7割程度に抑えることができます。
 
他の条件にもよりますが、1年間に保険料を10万円支払っていた人なら、3万円程度は節約できることがあるのです。
 
「エコノミー」タイプの場合、自損事故や当て逃げについては対象外となりますが、それ以外の多くのケースでは「一般」タイプと同じカバー範囲を持っているので、多くの人におすすめの車両保険と言えるでしょう。
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >