2019/02/19 07:51

70歳代なのに、さらなる老後が不安でお金を使えない。 安心できる年金の使い方とは?

不安のタネは医療と介護 A子さん(70歳代)は、求人欄を見て職探しをしていると話してくださいました。彼女は金融関係の会社員として40年間、退職まで勤め上げた方です。仕事柄、個人年金もしっかり準備し、リタイア後は“悠々自適 […]

不安のタネは医療と介護

A子さん(70歳代)は、求人欄を見て職探しをしていると話してくださいました。彼女は金融関係の会社員として40年間、退職まで勤め上げた方です。仕事柄、個人年金もしっかり準備し、リタイア後は“悠々自適”を絵にかいたような生活を送っていたのに、何故?
理由を聞いてみると、「これまでは、通帳への振込が3行あったのよね。ところが、70歳を過ぎて1行になってしまったの。寂しいでしょう……」
なるほど。長年サラリーマンをしていて、リタイア後も公的年金の他に企業年金や個人年金といった収入源が3か所ありました。しかし、公的年金以外は10年の有期だったのです。60歳から10年間不安なく過ごしてきたのに、ここへきての収入減。不安なので、収入を増やすために職探しをしているということです。老後のために用意した資産はあるはずなのに、それを取り崩すことに抵抗があるようです。
老後には、生活費以外に下記のような支出が想定されます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >