2019/02/19 07:47

国民年金は、老後の生活を支えるだけのものではありません。

支給には納付期間の要件。 支給の要件等について、年金機構のサイトより抜粋します。 障害基礎年金の場合、3つの支給要件があります。 国民年金に加入している間に初診日があること 一定の障害の状態にあること 保険料納付要件 初 […]

支給には納付期間の要件。

支給の要件等について、年金機構のサイトより抜粋します。
障害基礎年金の場合、3つの支給要件があります。

  1. 国民年金に加入している間に初診日があること
  2. 一定の障害の状態にあること
  3. 保険料納付要件

初診日の前日において、次のいずれかの要件を満たしていることが必要です。
A.初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付または免除されていること
B.初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと
遺族年金の場合の支給要件は以下のとおりです。
被保険者または老齢基礎年金の資格期間を満たした者が死亡したとき。(ただし、死亡したものについて、保険料納付済期間(保険料免除期間を含む)が加入期間の2/3以上あること。)
ただし、平成38年4月1日前の場合は死亡日に65歳未満でれば、死亡日の属する月の前々月までの1年間の保険料を納付しなければばらない期間のうちに、保険料の滞納がなければ受けられます。
このように、どちらにも納付の要件があります。折角加入していても途中で止めてしまっては、保険事故が起きた時に役に立ちません。支払いが困難な場合は、免除の申請をしておくことが大切です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >