2019/02/19 07:52

資産を円だけで持つのは危険? 外貨が身近になってきました。

暫くは超低金利が続く見通し 保険会社が取り扱う商品の中で、老後の生活に向けた個人年金保険や一時払い終身保険は「殖やす」ことが目的です。   10年~30年後に目標の設定金額まで殖やすためには、低金利の「円」だけ […]

暫くは超低金利が続く見通し

保険会社が取り扱う商品の中で、老後の生活に向けた個人年金保険や一時払い終身保険は「殖やす」ことが目的です。
 
10年~30年後に目標の設定金額まで殖やすためには、低金利の「円」だけでは追いつかない状態になっています。
 
そこで米ドルや、より金利の高い豪ドルを使って老後に備えようという「通貨選択型」商品が生まれました。
 

■定期預金利率

《ソニー銀行 1年定期(税引前) 2016.11.22》
米ドル 0.700%
ユーロ 0.001%
豪ドル 1.000%
NZドル1.150%
日本円 0.050%
 
低金利は暫く続くというのが大方の見方です。外貨を上手に使って資産を殖やすことは、ますます必要になると思います。
 
為替を考えるとき、気になるのはレートです。
 
スタート時、手持ちは10万円。レートは1米ドル100円とします。1個1米ドルのハンバーガーは、1個100円で1000個買えます。
 
1米ドル98円になったら、同じようにハンバーガーも98円になりますので、1000個買っても2千円余ります。逆に1米ドル102円になったら、2千円足りなくなってしまいます。
 
このリスクを回避するためには……ということで、運用のプロの中には資産配分を円貨と外貨割合を半々で持つように推奨している人もいます。確かに一理ありますが、日本で円を使って生活しているのですから、実際には難しいと思います。
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >