2019/02/19 07:52

子どもの教育費は、学資保険だけで準備できるの?

高校までは家計から、大学費用は学資保険で

つまり、高校までにかかるお金は、ほとんどが家計のやりくりによって捻出していく必要があります。子どもが幼稚園に入る前など、お金があまりかからない小さいうちからコツコツと貯めておくのも大切です。
これに対して、大学ではさらに大きなお金がかかります。日本政策金融公庫の調査によると、大学の入学と在学にかかる費用(4年間)は国公立大学で約457.5万円、私立大学文系で約675.5万円です。冒頭で子ども1人あたりの教育費が約1,000万円と述べましたが、このほぼ半分を、大学4年間で使うことになります。このため、大学にかかる費用は学資保険で長期間かけて積み立てておくことが重要なのです。

高校卒業後の入学先別にみた卒業までに必要な入在学費用-(子供1-人当たりの費用〈年間平均額の累計〉)
出所:日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果」(平成27年度)
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/kyouikuhi_chousa_k_h27.pdf

このように、教育費は子どもが一人前になるまでの約20年間ずっとかかるものです。幼稚園から大学までそれぞれにかかる費用を知り、その一部を担うものとして学資保険を活用しましょう。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >