2019/02/19 07:52

かけがえのない両親の健康長寿。ぜひ家族でお祝いしたいのですが、何歳の時にしたらよいのでしょう?

還暦以外は「数え年」で祝うのが基本 お祝いは満年齢でするのがよいか、それとも数え年でするのがいいか、悩む方もいるかと思います。現在では、人の年齢の多くは誕生日に歳をとる「満年齢」が基本ですが、古くは「数え年」が主流でした […]

還暦以外は「数え年」で祝うのが基本

お祝いは満年齢でするのがよいか、それとも数え年でするのがいいか、悩む方もいるかと思います。現在では、人の年齢の多くは誕生日に歳をとる「満年齢」が基本ですが、古くは「数え年」が主流でした。「数え年」とは、生まれたときが1歳で、正月になるたびに1歳ずつ歳が増えていきます。
そのため「還暦」のお祝いは、満60歳(数え年では61歳)ですが、「古希」「喜寿」「米寿」などは、それぞれ数え年の70歳、77歳、88歳の時に祝うものとされています。ただし、お祝いを1年遅れの満年齢で実施しても、とくに問題はありません。

お祝いは現金または贈り物で

お祝いを包む場合は、祝意を表す文字が入った袋に、子どもであれば2~3万円、親戚であれば1万円程度を、前もって本人に渡すと喜ばれます。現金の代わりに贈り物でもいいでしょう。以前は「還暦」のときに「赤のちゃんちゃんこ」を贈り、それを本人が着るのが定番でした。しかし最近では、この風習にこだわらずに、セーター、シャツ、帽子、運動用のシューズ、バッグ、アクセサリー、フォトフレーム、旅行券など、本人が希望する実用品を贈るケースが多くなっています。とくに還暦以外のお祝いでは、定番がないため、この傾向が定着しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >