2019/02/19 07:52

資産形成期はコツコツ殖やそう! iDeCoもNISAも“ドルコスト平均法”にお任せ

時間の分散を考える リスクを少なくする方法~これには3つの方法があります。 ①資産分散 値動きの異なる複数の資産を組み合わせて持ちます。 ②時間分散 一つの商品に投資する場合でも、買う(売る)タイミングを分けます。 ③長 […]

時間の分散を考える

リスクを少なくする方法~これには3つの方法があります。

  1. 資産分散 値動きの異なる複数の資産を組み合わせて持ちます。
  2. 時間分散 一つの商品に投資する場合でも、買う(売る)タイミングを分けます。
  3. 長期投資 短期的に大きな変動も、一般的に期間が長くなるとブレ幅は小さくなります。今回は②時間分散の手法である「ドルコスト平均法」について、考えます。

「ドルコスト平均法」とは、定期的に継続して、一定金額ずつ購入することによって、平均購入単価を下げる方法をいいます。
今回は、ある投資信託(個別株・金など、購入価格が変動する商品の代表例として考えています)を毎月購入する場合、【定量購入】【定額購入】を比較します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >