楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/09 21:30

誰も教えてくれない…仕事がデキる人こそやっている「社内気配り」とは

あなたの周りに「気配り上手だな」と思う人はいませんか?

マナー講師の桜美月さんは、よい仕事は、よい人間関係から生まれると言います。

よい人間関係を築くためには、“何気ない気配り”がとても大事。

そこで今回は桜さんに、デキる人がやっている社内気配りを教えてもらいました。

気配りができる人は仕事がデキる!?

さりげなく気配りができる人は、仕事がデキると言われることが多いですよね。

気配りは、相手を心地よくするだけではなく自分自身も快適に仕事ができ、さらにビジネスチャンスにも恵まれるという利点があります。

決して上司や苦手な人に媚びを売ったり、過度に気を遣うというこではありません。相手に興味を示し、話に耳を傾け“共感できる力”を養うことが大切です。

1:まずは話を丁寧に聞くことから

社内であれ取引先であれ、人の話は真剣に聞くことが大切。それが最初の気配りになります。

相手の目を見て優しいまなざしで聞き、相手に合わせてうなずいたり、あいづちを打ちます。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事もプライベートも忙しく、中途半端で終わりやすい日。優先...もっと見る >