2017/12/24 23:30

2,800人の患者を看取った医師が教える、毎日を輝かせるためにできること

もし今日が人生最後の日だとしたら、あなたははどう生きたいですか?

最後の瞬間まで、仕事に全力を注ぎますか?

それとも、愛する家族とともに過ごしますか?

今回は小澤竹俊 著『今日が人生最後の日だと思って生きなさい』を参考に、なんでもなく過ごしている毎日を大切に過ごす方法をご紹介します。

 

2,800人を看取った医者が気づいたこと

先ほどお聞きしたことについてですが、どんな答えであったとしても、あなたが選んだものが、あなたにとっての正解であり、あなたにとって“本当に大切なこと”です。

著者小澤竹俊氏は、20年ほど前に、横浜甦生病院ホスピスで働き始めて以来、2,800人の“看取り”に関わってきました。そこで、最後を迎える患者さんにとって一番幸せなことは、患者さん自身が心から望む“ありのまま”を尊重することだと言います。

そして、多くの患者さんが、死が近づくにつれ、自分の人生を肯定するようになるそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >