2018/01/03 20:30

「私なんて…」と悩む前に。しずんだ心をふわっと軽くする方法

みなさんのなかに「周りの期待に応えられていない」「仕事で成果をあげられていない」と思われている方はいませんでしょうか。だれでも一度はそうした“無力な自分”に悩み、苦しんだことがあると思います。

そこで今回は、小澤竹俊 著『今日が人生最後の日だと思って生きなさい』を参考に、わたしたちを苦しめる“無力な自分”とのつきあい方をご紹介します。

 

「本当の幸せ」とは

“本当の幸せ”とはなんでしょうか。

「自分がすることを通して誰かが喜び、その人の喜びを自分の喜びにできたら、真の意味で幸せになれるんじゃないか」

小澤氏も長い間、医者として無力な自分に悩んでいました。そうして、苦しんだ果てに

「無力でよいのだ」

ということに気づいたのです。医者といえども、しょせんは弱い生身の人間であり、できることには限りがあります。

本当に大事なのは、“患者さんの問題をすべて解決すること”ではなく、無力な自分を受け入れ、医者としてではなくひとりの人間として、“患者さんに関わり続けること”だったのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >