2018/01/05 23:00

できているようで、実はできていない。「ありがとう」を伝える大切さ

“文字職人”として、たくさんの人たちの悩みや人生に向き合ってきた、杉浦誠司氏ですが、人生の師匠に「お前は感謝していない」と言われたことがきっかけで、感謝を伝える大切さについて考え直したそう。

今回は、杉浦誠司 著『負けないで 心がスッと軽くなる30のことば』を参考に、「ありがとう」を伝える大切さをご紹介します。

 

30歳で人生のどん底を経験

文字職人とは、いくつかのひらがなで一つの漢字をつくる『めっせー字』の生みの親で、文字の力で人に笑顔や勇気を与える杉浦誠司氏の代名詞です。

そんな、文字職人・杉浦氏は、すべてのできごとや人に手を合わせて感謝することこそが、真の感謝だと教えられたそうです。

杉浦氏が文字職人になる前には家電量販店の店員、塾講師、ドラッグストアの店長など、さまざまな職業と職種を経験しました。

しかし、30歳を目前にして、仲間と一緒に起ち上げた保険代理店が倒産し、大きな挫折を味わいます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >