2018/01/02 23:00

真摯さの源はこれだった!日本人がまじめだといわれる理由

西洋をはじめ、どこも国にも哲学があります。

哲学をというと、「堅苦しい」「難しい」というイメージを持たれるかもしれませんが、日本の哲学に関してはそういうことは一切ありません。

そこで今回は、小川仁志 著『哲学者が伝えたい 人生に役立つ30の言葉 和の哲学編』を参考に、日本人の真摯さの源泉となる感情をご紹介します。

 

「菊と刀」

日本人は勤勉でまじめだといわれます。

ルース・ベネディクトの名著『菊と刀』によると、日本人は「菊と刀」に象徴されるそうです。

ここでいう「菊」とは、輪台によって形を決められた花のもつ自制や義務を象徴しています。これに対して「刀」とは、しっかりと管理しておかないとさびが出るという点で、自己責任を象徴しています。

日本人は、そうした義務や責任をきちんとはたさないと、恥を覚える。だから、何事にも真摯に取り組むというわけです。

 

「恥じる」ことが真摯さの源泉

そうすると、日本人の真摯さの源泉は「恥じる」という思考にあるといえます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >