2018/01/14 21:00

冬こそ秘湯が楽しい!化粧水いらずの美湯「白骨温泉」で贅沢時間を

冬旅といえば真っ先に思い浮かぶのが温泉。それももちろん雪見の露天に限ります。

そんな冬の雪見温泉にぴったりな風情にあふれるのが、標高1400m、乗鞍岳の麓に位置する「白骨温泉」です。

出典:https://gatta-media.com

鎌倉時代より続くこの信州の秘湯の湯は“3日入れば3年風邪知らず”と言われる、今では全国的にその名が知られる超人気の温泉。しかし、いわゆる歓楽街を伴う温泉街とは異なり、本当に山の中にひっそりと佇む霊泉あらたな情緒にあふれる温泉地です。

 

浸かってよし、飲んでよしの奇跡の温泉

現在、白骨温泉には11の宿があり、そのすべてが異なる源泉を持つというのですから湯量の豊富さはお墨付き。すべての宿に「あらたまの湯」「絹の湯」などの屋号ならぬ“湯号”がついているのも粋です。

白骨温泉の湯は湧き出したときは無色透明で、空気に触れることで白濁した色になるのが特徴ですが、これは「硫化水素・硫黄分」と「カルシウム成分」が含まれるため。通常、乳白色の温泉は強酸性のため刺激が強いことが多いのですが、白骨温泉の湯は弱酸性。肌を包み込むようなやわらかな湯は感動的レベルです。湯に浸かっているとみるみる肌が潤ってくるのがわかり、湯上りには化粧水もまったく必要無いほどしっとりと整うのですから本当に驚きです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >