2018/01/19 23:00

日本人の短所は「武士道」のせい?長所と短所は両方自覚しよう

「日本人の欠点や短所についても武士道に大きな責任がある」と新渡戸稲造は著書「武士道」にて述べています。

現代でも「武士道」は活きる教育であるとして参考にされることが多いですが、すべてのものには二面性があるもの。今回は、「武士道」を斎藤孝が監修した「1分間武士道」を参考に、弱みをしっかり知ることについて考えていきましょう。

 

「武士道」は形而上学がおろそか

形而上学とは、存在そのものを問う学問のことです。具体的には、「哲学」や「純粋文学」が挙げられます。

武士道は人格の形成を重視するあまり「思慮、知識、弁舌などの技術的才能は軽視」したそうです。そのために他国のような深い哲学を持っていないんだとか。

 

「武士道」の理想

「武士道」は、理想を平和としていました。ですが、この高い理想はもっぱら、僧侶や道学者の説教に委ねられてしまい、実際に武士は武芸の修練やその賞賛に明け暮れました。

「武士道」は万能な学問ではなく、欠点や短所がしっかりある考え方なのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >