2018/01/29 23:30

キャリア女子必見!仕事の「できる」「できない」をわける3つの意識

仕事ができる人と、できない人の差ってなんだろう。

それは何ごとも“自分ごと”ととして考えられているかどうかです。

今回は、角田陽一郎 著『「好きなことだけやって生きていく」という提案』を参考に、“自分ごと化”について考えます。

 

「できる人」の意識とは

働いている人がもつ意識は、大きく3つに分けられるといわれています。

それは、“当事者意識”、“お客さん意識”、“被害者意識”です。

このなかで、“当事者意識”をもっている人だけが、成功を収めることができます。

日本マクドナルドや日本トイザらスを設立した藤田氏も、「傍観者はダメ。どんな仕事も当事者になることが肝心です」と言っています。

 

「お客さん意識」な人の特徴

“お客さん意識”をもっている人は、「仕事はあって当然、給料はもらえて当然」と考えがちで、与えられた以外の仕事には取り組もうとしません。

会社や上司などに対する感謝の気持ちや、「チームに貢献しよう」という意識が低くなっています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >