2018/01/29 23:20

理想は10パーセント?教育費は家計のどれくらいの割合が適切なの

みなさんの家庭において教育費ってどれくらいを占めていますか? きっと余裕がある人もカツカツです、という人もいると思います。

そこで今回は、パワーママプロジェクト 編『「ワ―ママ」5年目に読む本』を参考にして、家計における教育費について紹介します。

 

教育費をコントロールできるのは中学生まで

家計における教育費の割合は10パーセント(子供2人の場合で12パーセント程度)が適切だといわれています。

しかしながら、中学生以降は塾代など理想的な支出の割合に収まらない金額の教育費が必要になるケースがほとんどのようです。そんな中、多くの家庭が限られた家計の中で、なんとかやりくりしている状況だと思います。

 

小学生までの教育費をコントロール

夫婦で共働きしている家庭だと、子どもが小学生になるくらいまでは家計に余裕があることも多いようですが、ここで必要以上の消費をしないことがポイント!

もちろん子どもの可能性を広げるためにも、習いごとなどをさせることも大事ですが、あくまでも家計の範囲内で行うようにしましょう。夢が叶わなかったり、変わったりした時のためにも、大学進学という選択肢を残しておいてあげることが重要です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >