2018/02/05 19:00

仕事もプライベートも!海外女性から学ぶ「ワーキングマザー」の働き方

ここ数年で、“ワーク・ライフ・バランス”という言葉を耳にする機会が増えましたよね。海外でも、この“ワーク・ライフ・バランス”を大切にしている女性が増えてきています。

そこで、今回は海外で現役ワーキングマザーをしている筆者が、海外女性の“ワーク・ライフ・バランス”をご紹介します。

 

ワーク・ライフ・バランスって何?

出典:https://gatta-media.com

日本では、元々少子化対策として女性の働き方改善の視点から主張されていた“ワーク・ライフ・バランス”。現在は、“個人が生きがいを感じられる働き方”という考え方に変わってきました。

とは言え、日本ではまだまだ残業が多く、有給休暇消化さえも難しいというのが現状です。また、日本人の“頑張りすぎる”というのが更に仕事ばかりの人生を後押ししていることもあるのではないでしょうか。

 

よくばりな海外女性は「時間の使い方」が上手

出典:https://gatta-media.com

筆者の住むシンガポールは、女性が働いている割合が多いです。

筆者自身も妊娠を機に一度は仕事を退職しましたが、子供が1歳になりワーキングマザーとしての人生を選びました。

出典:https://gatta-media.com

「子どもがいるのに雇ってもらえるの?」と思う方もいるかもしれませんが、シンガポールでは基本的に雇用条件に“家庭環境”は関係ありません。

また、プライベートがキャリアの弊害にはならないのは、女性自身も自分の意志をしっかり持っていて、時間の使い方も上手いから。

アフターファイブは、友達とご飯に行ったり趣味のマラソンをしたり、充実した生活を送っている人がほとんどです。

出典:https://gatta-media.com

日本の残業過多の問題は、相手に気を使い過ぎているというのも原因にあげられる気がします。

一方で海外女性は“個人主義”な女性が多いので、周りにどう見られるかということに気遣いするよりは、自分がどうしたいかを優先します。周りが残業しているから自分もしないといけないという雰囲気はないのです。

 

日本人としてワーク・ライフ・バランスを考える

出典:https://gatta-media.com

日本人は、“頑張る”姿勢、それを続ける忍耐力はピカイチ。海外で生活していると、その姿勢を仕事だけでなく、プライベートや自分の人生にも向けていきたいと感じます。

最近仕事ばかり、残業が多くなりがちという方、定期的に自分の心の声にも耳を傾むけてみては?

 

「仕事こそ自分の人生!」という答えが返ってくるのであればそれはいい人生であるし、もう少しペースダウンしたいというのであれば、働き方を見直すいい機会になるかもしれません。

自分らしいワーク・ライフ・バランスを、見つけてみてくださいね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >