2018/02/06 22:00

「ご連絡させて頂きます」ってどこが誤り?間違えやすいNG表現2つ

若手ビジネスパーソンがつい間違えがちな言葉使い。丁寧にと考えすぎて、混乱してしまうのも原因のひとつですが、特に注意したいのが“ご”の使い方です。

取引先との交渉中、緊張し過ぎて「私からのご質問があります」と言ってしまい、上司から注意され恥ずかしい思いをした……なんて方もいらっしゃるのでは?

マナー講師として講演も担当する筆者はセミナーでも、間違えやすい“ご”と“お”を併せて、敬語の間違いを“GO問題”としてよく取り上げています。

今回はこのGO問題の中でも難しい、“ご”の使い方を分かりやすく解説してみたいと思います。

 

「尊敬語」と「謙譲語」の区別がついていない? 

“ご”の使い方が難しい理由には、尊敬語と謙譲語としての2つの使い方が混同しやすいポイントにあるでしょう。そもそも敬語は主に尊敬語と謙譲語の2種類があります。

尊敬語は相手そのもの、また動作など様々なことを高めて敬意を表す表現です。“ご家族”“ご健康”などが尊敬語にあたります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >