2018/02/14 23:00

できないと思ってしまう人へ、自分を変えるヒントは「記憶」にあった?

“同じ後悔を繰り返してしまう”、“何度頑張ろうと思ってもなかなか変われない……”

誰もが一度は考えたことのあることだと思います。なぜ人は同じような失敗を繰り返してしまうのでしょうか。

今回は、宇都出雅巳 著『自分を変える「脳」の習慣』を参考に、“できる自信”をもつ方法をご紹介します。

 

そもそも脳は「新しいことはしたくない」

何かにチャレンジしようとしても“できない”という思いが先立ってしまう。

世の中には、こんな悩みをもつ人がたくさんいます。そして、そんな自分を悲観する……。

でも実は、“できるだけ考えずに何もしない”というが、脳にとっては理想の状態。

つまり、“できない”と思ってしまう人は、ある意味、脳の要求に正しく従っているともいえるわけです。

 

「できない」は記憶による思いこみ

具体的にできない理由を持ちだすとき、脳は記憶のなかの失敗経験から似たものがなかったか探します。

“できる”よりも“できない”が先に出てきてしまうのは、思考や行動にエネルギーを無駄遣いしないために、脳が“できない”ことにしたがっているからです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >