2018/02/25 23:00

ごめんね症候群には要注意!過剰な「謝り癖」を直して幸せになろう

例えば同僚が自分のために何かしてくれた時、あなたはどのような言葉で感謝の気持ちを伝えていますか?

まずは「ありがとう」といった感謝の言葉が飛び出すのではないでしょうか。しかし、こういった咄嗟のタイミングでつい「ごめんね」ばかり出てしまうタイプのあなたは要注意。

いつのまにか“謝り癖”がついてしまい、自分の行動も言葉に影響されていってしまうこともあります。

今回は企業のマナー講師としての経験もある筆者が、言葉遣いのレトリックも交えながら解説します。

 

自分も周りも困惑「ごめんね」という一言

ふとした瞬間に、「ごめんね」と言ってしまう女性を見ていると、自分に自信がないタイプの方が多いように伺えます。

特に同僚が自分のために何かしてくれた……というような、有難い場面においても、「ごめんね」がまず最初に飛び出す場合、何か悪いことをした訳でもないのに謝罪の言葉が飛び出すのは不自然に感じますよね。

この言葉を言われる側も、「どうして謝られるんだろう?迷惑だったかな」と気にしてしまうこともあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >