2018/03/13 22:00

海外の子育てから学ぶ!「魔の2歳児・イヤイヤ期」を乗り切る3つの方法

また、年上のお兄さんやお姉さんのお友達の中で遊ばせるのもいいと思います。真似っこが大好きな子供は、身近なお友達の真似をして喋り出しますよ。

 

魔の2歳児 対処法その2「選択肢を与える質問をしてあげる」

イヤイヤ期の子どもには、例え答えがイエスだったとしても、ノーと答えることが多々あります。「ごはん食べる?」「イヤ!(ノー)」、「この洋服着る?」「イヤ!(ノー)」というように。このループに入ってしまうと、らちがあきません。

質問する時は、子ども自身に選択させることを心がけてください。「ごはんを食べる?それともパンを食べる?」や、「ピンクの洋服と緑の洋服、どちらが着たい?」など。

自分で決めることができるのは、子どもに責任を教える絶好のチャンスでもあります。

 

魔の2歳児 対処法その3「放っておく」

イヤイヤ期の子どもたちは、泣いて交渉してくることがあります。人目を気にせず泣き叫ぶ子どもと、人目を気にして泣きやませようとするママ。日本でよく見る光景ではないでしょうか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >