2018/03/18 21:00

あなたはどんな働き方を選ぶ?今こそ「マインドセット・チェンジ」を

3月8日の“国際女性デー”に合わせて、女性の活躍、ジェンダーダイバーシティを考える『HeForSheセミナー マインドセットは自分で決める ~あなたはどんな生き方・働き方を選びますか~』が開催されました。

今回のセミナーでテーマとなった“マインドセット・チェンジ”に注目して、改めて、ジェンダー、年齢、業界、自分自身の思い込みを見つめ直してみましょう。

 

「HeForSheが創る未来」

出典:ユニリーバ・ジャパン株式会社

セミナーの冒頭のイントロダクションにて、主催であるUN Women日本事務所長 石川雅恵さんが登壇し、「今日は国連が定めた、国際女性デーです。今年のテーマは『今こそ行動を、女性の生活を向上させるため農山漁村、および都市部で活躍する活動家たち』。去年からハリウッドのセクハラ問題など、世界中で女性が、差別や暴力に対し抗議の声を上げるニュースが続いているが、だからといって、皆さんがハリウッドの女優になっていけないということではありません。一人ひとりの日常の行動が、必ず私たちの社会を変えます」と話しました。

出典:ユニリーバ・ジャパン株式会社

さらに、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長 島田由香さんや文京区長 成澤廣修さん、PwC Japanグループ ダイバーシティ推進リーダー 梅木典子さんも登壇。“マインドセットの重要さ”について語りました。

 

「Mindset Change – Gender & Age」

文京区長 成澤廣修さん、株式会社people first代表取締役 八木洋介さん、モデレーターとしてPwCコンサルティング合同会社パートナー 佐々木亮輔さんが登場し、GenderとAgeの観点から、“日本のおじさん”は変わらない、変えられない?といったトークを繰り広げました。

株式会社people first代表取締役 八木洋介さんは「マインドセット・チェンジとは、“過去に囚われない”こと」と言います。「会社は継続性、つまり過去の延長線上で正しいものを掴んでいこうという傾向があるが、世の中は完全に変わってきている、これまでのやり方では勝てない時代が来ている」と話しました。

また、女性の活躍のためには、自身の経験からも、“まず女性に機会をたくさん与えること”を強調しました。

 

「Mindset Change – Gender & Industry」

出典:ユニリーバ・ジャパン株式会社

萩大島船団丸/株式会社 GHIBLI代表 坪内知佳さんは、GenderとIndustryの点から、地方や古い慣習の根強い業界でも荒波を乗り越え新しい道を切り拓いていてきたそれぞれの経験を踏まえた“マインドセット・チェンジ”について語りました。

出典: ユニリーバ・ジャパン株式会社

総務省/よんなな会主催者 脇雅昭さんは、神奈川県座間市が清掃業者の車にイメージキャラクターのイラストを描いたことで、子供たちの人気となり、町の人々の清掃業に対する目線がかわったことを事例紹介。行政がそのような取り組みをしていること、小さな取り組みで意識が大きく変わることを伝えました。

 

「Mindset Change – Self」

出典:ユニリーバ・ジャパン株式会社

ドラッカー経営大学院准教授/エグゼクティブ・マインド・リーダーシップ・インスティテュート創設者・ディレクターのジェレミー・ハンターさんは、特に客席に向けた実験を行って、アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)を紹介し、「人は1秒で無意識に約1,100万の情報を受け取っているが、その内意識しているのは約40に過ぎない。ジェンダーや年齢の違いによる思い込みや偏見を持っていることに気づいていないのです」と語りました。

 

閉会の挨拶では、PwC Japanグループ代表 木村浩一郎さん、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 代表取締役プレジデント&CEOフルヴィオ・グアルネリさん、ユニリーバ グローバルCEOポール・ポールマンさんが登壇。

閉会の挨拶とともに、参加者に向けて“今日からどのように考え方を変えるか”、“今日から何をするか”とアクションを促し、“マインドセット・チェンジ”の重要性を訴えました。

あなたが考え方を見つめ直すことは小さな変化だとしても、社会が変わる第一歩になるかもしれません。今一度あなた自身のマインドセットについて考えてみては?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >