2018/03/21 21:00

1番の愛情表現は「話を聞くこと」。子育てで大切にしたいポイントとは

「忙しいからあとにして!」が口癖になってはいませんか? やはりお母さんというのは時間がないものですよね。しかしながら子どもとの時間も取らなくてはならないというジレンマを抱えた人は少なくないはず。

今回は楠本佳子 著『12歳までに「自信ぐせ」をつけるお母さんの習慣』を参考に、今からでも“話を聞くこと”を見つめ直してほしいと思います。

 

子どもは話をしたい

子どもというのは基本的に話をしたいと思っています。

子どもが自分に自信をもつためには、何よりも“自己肯定感”が必要です。“自分には価値がある”、“自分は必要とされている”といった思いをもつことです。

そういった感情は一番最初に親が与えてあげなくてはなりません。そのために子どもを愛していることをちゃんと表現してあげるのが親の仕事です!

 

「話を聞いてあげること」が愛情表現になる

スキンシップなどは愛情表現として真っ先に思いつくことですが、子どもがある程度の年齢になったら、“話を聞いてあげること”が大切です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >