2018/04/21 20:00

死ぬまでに行くべき!沖縄最南端「波照間島」の透き通る青に癒される

日本の人が住む最南端の場所がどこになるのか皆さんご存知ですか?

答えは波照間島。沖縄県の一番南に位置する人口500人ほどの小さな島です。面積12.73平方km、周囲14.8kmのこの島は、自転車で2時間もあれば一周できてしまう大きさ。

東経123度、北緯24度に位置しており、88ある星座のうちなんと84もの星座が見え、12 月から6 月の間は南十字星も見ることができる星空の島としても知られています。

 

死ぬまでに一度は行くべき、ハテルマブルーの海の美しさ

そんな最南端の島に憧れ、多くの旅人がこの島を訪れますが、波照間の一番の魅力はやはりなんといっても、あの“ハテルマブルー”と呼ばれる海の色でしょう。

沖縄の島々はそれぞれ異なる色彩のブルーが素晴らしいのですが、ハテルマブルーをナンバーワンにあげる人は少なくありません。真っ白な砂浜が長くのびるニシ浜は珊瑚に囲まれた遠浅のビーチで、太陽の光に照らされエメラルドグリーンに輝く海は、コバルトブルーからマリンブルーへと水平線に近づくほど濃度を増します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >