2018/04/19 21:30

「鈴木様でございますね」はダメ?実は間違っているNG敬語3つ

よく耳にするビジネス敬語でも、実は間違ったまま、なんとなく使ってしまっている表現も多く存在しています。

特に、“謙譲語”と“尊敬語”は混同してしまうことが多く間違いやすい表現がたくさんあるので、要注意ですよ!

今回は、企業のビジネスマナー講師としての経験もある筆者が“やりがちだけどNGな言葉使い”を解説します。

 

NG1:「○○社の鈴木様がまいりました」

来客のシーンでつい言ってしまいがちな表現ですが、どこが間違っているのでしょうか?

正しくは「○○社の鈴木様が見えました」となります。

“まいる”は“来る”の謙譲語なので、相手の動作に使うのは間違いですね。尊敬語である“見える”を使うのが正解です。

自分側をへりくだることで、相手に敬意を表すときに使うのが“謙譲語”です。また、相手を立てることによって、敬意を表すのが“尊敬語”。これらの違いを正しく理解しましょう。

 

NG2:「受付で伺ってください」

丁寧な表現に感じる言い回しですが、“伺う”は“聞く”の謙譲語です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >