2018/05/03 21:30

実はルールがあった!「何卒・どうぞ」の使い分け方とは

メールなどで「よろしくお願い申し上げます」の前に“どうぞ”“何卒”を付けていますか?

実はこの2つには違いがあるのですが、どちらもなんとなくで付けているために、全体としてやや不自然な文章になっている事もしばしば……。

今回は企業のマナー講師の経験を持つ筆者が、2つの言葉の意味とその使い分け方をご紹介しますので確認してくださいね。

 

「どうぞ」の方が一般的

“どうぞ”にも2つの意味合いがあります。

試食などを進める場合に使う“どうぞ”と、誰かに何かをお願いする場合に使う“どうぞ”です。同じ言葉ですが、意味のニュアンスが若干違うのがポイントですね。

“どうぞ2はどちらかと言えば口語として使用に適した言葉です。ですので、打ち合わせの時など一般的なビジネスシーンでは“どうぞ”を使うようにすると良いでしょう。

 

丁寧で強いお願い・気持ちを伝えたいなら「何卒」>「どうぞ」

“何卒”は“どうぞ”と意味合いは同じなのですが、“どうぞ”よりも更に強いお願いのあるときに使います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >