2018/05/01 20:30

お願い致します?いたします?間違いがちな「ビジネスメールの基本」

「よろしくお願い致します」は、メールの締めによく使う文言でしょう。しかしこの“致します”が、実は要注意ポイントなんです。

“致します”と“いたします”は漢字かひらがなかの違いですが、その使い分け方についてルールがあることを皆さんはご存知でしょうか?

変換するのが面倒くさいなどの理由で、ついついどちらか一方に偏りがちな“致します”“いたします”。使い分け方のルールをおさらいしてみましょう。今回は企業のマナー講師としての経験もある筆者が、段階を踏みながら分かりやすく解説します。

 

そもそも「いたします(致します)」とは? 

上司や目上の方に対して、自分から率先して何かを働きかける場合に使うことが多い“いたします(致します)”ですが、これは“する”や“します”をより丁寧に表現する謙譲語です。

例としては、「ご連絡します」をより丁寧に表現したい場合に「ご連絡いたします」と使うのが基本ですね。より丁寧な言い回しにすることで、ここぞという場面で印象を残すのに役立つでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >