2018/05/04 21:30

お盆から直接はNG!知っておきたい正しいお茶の出し方

これからGWの時期となると、来客をおもてなしすることもあるでしょう。お茶を出す機会も男女問わずあるかと思いますが、作法ついて意外と知らないことも多いのでは?

ここでは茶道(裏千家)上級資格保持者であり、企業のマナー講師の経験もある筆者が、お茶の出し方を改めてご紹介しましょう。

 

1:お盆から直接渡すのはNG!

ドアをノックし「失礼します」と声をかけ、お客様にお茶を出しますが、まずお盆から直接、湯飲みをテーブルに置いてしまうのは良くありません。お盆はサイドテーブルなどに一旦置いてから渡しましょう。これはマナーという観点もありますが、熱いお茶をお客様にこぼすなどのトラブルを避けるためでもあります。

そして湯飲みを両手で持ち、上座の方から順にお茶を出していきましょう。お茶を置くのはお客様の右斜め前が基本ですが、書類やノートパソコンなどが広げてある場合は邪魔にならない場所に置くようにしましょうね。

 

2:コーヒーや紅茶はどうする? 

お盆に人数分を乗せて運ぶまでは、お茶を出す作法と同じです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >