2018/05/07 22:00

「なさる」「いたす」はどっちがどっち?尊敬語と謙譲語の使い分け

さまざまなルールがあり、新人ビジネスパーソンが苦労しやすい敬語ですが、とくに混乱しやすい“尊敬語”と“謙譲語”について確認してみましょう。

しっかりとした敬語を使えないと、会社の信用やイメージにも関わります。「私は大丈夫!」と安心している方もぜひチェックしてみてくださいね。

今回はそんな尊敬語と謙譲語の使い分けについて、企業のマナー講師経験もある筆者が、基本からご紹介しましょう。

 

尊敬語について

尊敬語とは、主に相手を敬った表現をするものです。目上の人や社外の人の動作に対して使いましょう。

例としては「聞く」を「お聞きになる」、「行く」を「いらっしゃる」などです。相手の動作に「れる」「られる」などをつけます。

 

謙譲語について

謙譲語には“行為が向かう相手を立てる表現”ものと“自分の行為を相手に対して丁寧に述べる”もの、2つが存在します。

前者を例にすると「届ける」を「お届けする」や、「行く」を「伺う」などです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >