2018/05/14 22:00

知っているようで実は知らない…!? 「他社を訪問するとき」の基本マナー

ビジネスシーンでは頻繫に訪れる他社訪問の機会。マナーを知らずになあなあで済ませていたり、先輩に頼っていたりしていませんか?

今回は、企業のマナー講師の経験もある筆者が、他社を訪問する際の事前のアポ連絡〜当日の所作まで基本のマナーをご紹介します。

アポイントの取り方や当日の作法についてあらためて学んでみましょう。

 

まずはスムーズなアポ取りが重要!

 

打ち合わせ前に訪問先に電話やメールで連絡をして、先方の都合のよい日程を確認しておきましょう。

電話の場合はまず社名と名前を名乗り、担当の方につないでもらいます。そこから訪問の目的を相手に伝え、日時を決定するのが一般的です。

なお、電話の最後に内容と日程を復唱するとケアレスミスを防止することができますよ。

 

訪問時のマナーはどこをチェックする?

訪問当日は約束の15分前くらいに到着することが重要です。到着5分前ですとまだ気持ちが整わなかったり夏場は汗がひかなかったりしますので、早めに到着し、どこか落ち着ける場所で待機するようにしましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >