2018/05/16 22:00

頼みごとが格段にうまくいく?「クッション言葉」を使いこなそう

他人になにかお願いごとをするときは気を遣いますよね。でも、上手に人にお願いをすることもビジネスパーソンの大切なスキルのひとつです。

今回は企業のマナー講師の経験もある筆者が、上手にお願いごとをする場合やクレーム対応に効果的な“クッション言葉”をご紹介します。

これをマスターすれば立派なビジネスパーソンの仲間入りかも?

 

そもそも「クッション言葉」とは? 

クッション言葉とは、応対の物腰をやわらげ、相手にソフトな印象を与える言い回しのことです。

「恐れ入りますが少々お待ち下さい」「申し訳ありませんが会議が長引いておりまして」など、伝えたい内容の前にクッションになるような柔らかい言葉を付け加えることで、相手に不快感を与えることなく、こちらの要望を伝わりやすくする効果があります。

 

「恐れ入りますが」と「恐縮ですが」を使いこなそう! 

・「手伝ってください」

・「手伝ってもらえますか?」

・「恐縮ですが手伝っていただけませんか?」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >