2018/05/21 22:00

あなたは知ってる?ビジネスシーンで使える「封筒の宛名」の書き方

メールが一般的になったとはいえ、まだまだ書面でのやり取りも多い昨今。とくに宛名の書き方で迷っている方も多いのではないでしょうか。

今回は企業のマナー講師の経験もある筆者が、ビジネスシーンにおいての封筒の宛名の書き方をご紹介します。

 

縦長封筒の表書き

まずは封筒の右側から解説。相手の会社の住所を書き、次に会社名を記載します。会社名は住所と同じ高さから書き始めます。重要なのは会社名はかならず正式名称で記載するということ。省略するのは大変失礼ですので注意しましょう。

次の段は部署名を記載します。会社名の高さより少し低めに書くのがルール。これがないと相手に届かない場合がありますので注意しましょう。

とくに“佐藤”、“鈴木”などの名字ですと同じ会社に数人いることがありますので、違う部署に届いてしまう可能性があります。

中央には、住所や会社名より大きな字で受取人の名前を記載します。役職名を記載する場合は宛名の上に小さめに書き添えます。役職名は省略せず必ず記載するように注意しましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >