2018/06/03 22:00

その電話本当に待ってていいの?「折り返し電話」のビジネスマナー

最近、電話応対に苦しむ若手ビジネスパーソンが多いそう。

今回は、「折り返し電話の対応、どうしたらいいのか悩む……」という声にお応えして、企業のマナー講師の経験もある筆者が“折り返し電話のマナー”を解説します。

折り返し電話をもらうとき、こちらからかけるときと、それぞれマナーがあるんです。ぜひ明日から実践してみてください。

 

折り返し電話をもらう場合は? 

相手が不在だった場合には、あらためて電話を掛けてもらうようにお願いをしますが、留守番電話なのか、それとも担当の方が対応しているのかによって変わります。

担当の方がいらっしゃる場合は相手の方に、要点をおさえた伝言をお願いし、「お戻りになりましたらお電話をいただけないでしょうか」とお願いします。

一方、留守番電話の場合は社名と名前を名乗り、短く用件を伝え、折り返ししてほしい旨を伝えます。

ここで注意すべきなのは、なにかを依頼をする場合やお詫びの電話の際は必ずこちらからかけ直す、ということです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >