2018/06/09 21:15

ぺこぺこするのはご法度!シーン別「おじぎ」で気を付けるポイント

ビジネスパーソンが意外とやりがちな間違った動作に“ぺこぺことおじぎをすること”があげられます。

ぺこぺことおじぎをすると、自分を安っぽく見せてしまうだけでなく、ひいては下品だな……という悪印象にもつながりかねません。ビジネスパーソンにとって大切な“信頼感”を築くためにも、正しいおじぎを今一度おさらいしましょう。

というわけで今回は企業のマナー講師の経験もある筆者が、3つのパターン別に“好印象なおじぎの作法”についてご紹介します。

 

パターン1:上司とすれ違ったとき

上司とすれ違うときに軽くおじぎをしますが、おじぎがあまりにも深すぎるとまるで目を合わせたくないような悪印象になりかねないため、気をつけましょう。

上司とすれ違ったときの軽いおじぎの角度は15度ほど。相手の目を見て笑顔でおじぎをするように心がけると好印象ですよ。

体を戻すのが早すぎると雑な印象になってしまうので、4つ数えましょう。「1」で礼をし、「2」で止めます。「3、4」で体を元の位置に戻すと落ち着いた美しい動作に見えます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >