2019/02/17 21:00

え、こんなに便利なの?「フック」を使ったすっきり収納3パターン

台の上など平面に置くと、なんとなく散らかった雰囲気になるのはわかっているけれど、どうしてもしまい込みたくないものって、ありませんか?

家の中を見渡すと、意外と多いですよね。

そこで今回は、用途や素材ともに多種多様なものがある“フック”を使ったすっきり収納術を、インテリアブロガーのsumikoさんに紹介してもらいました。

 

1:濡れているものを乾燥させつつ収納

たとえば洗濯ネット。比較的乾きやすい材質のものが多い洗濯ネットですが、すぐに収納するわけにはいかず、洋服と一緒に干してから取り込んで、収納されている方も多いかもしれません。

そこでおすすめなのが、洗濯機横のデッドスペースにフックをつけて収納場所にすること。干して取り込むひと手間もなく、洗乾かすためにだらしなく濯機まわりに放置することもありません。

洗濯機の横には、マグネット式のフックがつけられることも多いので、手軽に試すことができますよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >