2019/02/17 21:00

え、こんなに便利なの?「フック」を使ったすっきり収納3パターン

 

2:キッチングッズは生乾きをなくして衛生的に

刃物がついていたり、細かい形状でしっかり拭きあげることが難しいものも多いキッチングッズ。ここでもやはりフックを使ってぶら下げ収納すると便利なことが多いです。

扉裏を使えば、見た目が雑多にならず、使用頻度の低いもののほこりよけにもなります。

乾かしながらもすっきり片づくのと同時に、取り出しやすくもなるので調理作業もスムーズに。引き出しにまとめて収納するよりもおすすめです。

 

3:ワンアクションで取りたいものは、マグネットフックですっきり

サッと手に取りたい鍋つかみなども、置きっぱなしより、ぶら下げたほうがすっきり。

冷蔵庫横には、このようにマグネットフックを利用すれば、目立たない反対側も収納として活用できます。

雑多なものでも、インテリアのじゃまをすることなくワンアクションで使いやすくすることができますよ。

 

“乾燥させつつ収納したいもの”や“ワンアクションで手に取りたいもの”など、収納したくないものは、フックを使って側面に定位置を作れば雑然とした雰囲気を避けられます。

ぜひ、さまざまなフックを使って、見逃しているデッドスペースを収納として活用してみましょう。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >