2019/02/23 21:00

都心からたった2時間の非日常空間。読書と温泉を楽しむ「蓼科(たてしな)」極上旅

東京から気軽に行ける週末の小旅行といえば温泉が定番。あまり長い時間滞在できない週末旅だからこそ、一度にいろいろな楽しみができるといいですよね。

そこで今回は、東京からたったの2時間で行ける高原リゾート地「蓼科(たてしな)」のステキなお宿をご紹介します。

 

たくさんの本に囲まれる非日常空間へ

蓼科は長野県ですが、山梨県との県境にほど近く、東京に一番近い信州と言える場所です。標高1000mに位置するため夏は涼しく、古くから避暑地として多くの文人や著名人に愛されていた場所で、軽井沢と並び日本の別荘文化の先駆地でもあります。

そんな蓼科に、本好きなら絶対に見逃せない温泉宿を見つけました。「創業大正十五年 蓼科 親湯温泉」は、ライブラリーと温泉旅館の両方を兼ねそろえた粋なお宿。

宿の自慢は約3万冊にものぼる膨大な数の蔵書です。宿に到着すると、まず1Fエントランスからロビーを抜けた奥にステキなライブラリースペースが目に飛び込んでくるので、チェックイン時からすでにそわそわ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >