2019/01/08 21:30

「お帰りになられます」もダメ!? ビジネスシーンでのNGフレーズ例文7つ

敬語はシンプルに1つ。「○○様がお帰りになります」または「○○様が帰られます」が正解。丁寧でわかりやすい文章になりますね。

 

NG4:ビジネスシーンでよくある「コーヒーと紅茶、どちらにいたしますか」

お客様にコーヒーと紅茶どちらが良いか伺うとき、「コーヒーと紅茶、どちらにいたしますか」と聞くと、一見正しい言葉遣いに聞こえますが、実は間違った文章です。

まず、主語は誰かを考えましょう。“いたす”は“する”の謙譲語です。謙譲語は自分の事や動作について使う敬語なので、コーヒーか紅茶のどちらにするのか選ぶことができるのが自分であれば、“いたす”でOK。

しかし、この例文の場合は、選択の決定権は主語である相手にあります。謙譲語ではなく、尊敬語を使いましょう。“する”の尊敬語は“なさる”です。「コーヒーと紅茶、どちらになさいますか」が正解です。

 

NG5:「存じ上げる」という敬語

普段会話の中で「○○について存じ上げております」と言ってはいませんか? これも場合によってはNGな言葉遣いになってしまう恐れがあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >