2017/11/17 20:00

ズボラさんでも大丈夫!「掃除しやすい部屋」を実現するポイントとは

もともと掃除ギライで面倒くさがりの筆者。つい掃除を後回しにしてしまい、気がついたら家の中がホコリだらけ……ということも以前はよくありました。ですが整理収納に目覚めて、収納の工夫に取り組んだことにより、普段から少しずつお掃除する習慣が身についてきました。

そこで今回は、筆者が“リビング”で掃除しやすい環境作りのために意識していることをご紹介します。

 

徹底的に床にモノをおかない

出典:https://gatta-media.com

よく雑誌などでも書かれていることですが、筆者が一番意識していることは‘‘床にモノをおかない”ということです。特に筆者宅では、毎朝出かける前にロボット掃除機をセットしているので、ロボット掃除機が吸い込みそうなモノを床におくことはNG。

小さい子供が2人もいるので日中はおもちゃなどが散乱していますが、寝る前に片付けることを習慣にしているので朝起きたときには何もない状態にしています。

出典:https://gatta-media.com

床におきがちなゴミ箱もロボット掃除機対策のためにカウンターに。筆者宅ではカウンターにおいてもインテリアの邪魔をしない、木製のコンパクトサイズのゴミ箱を選ぶことで、床におかなくても大丈夫な空間づくりをしています。

 

ダイニングテーブルにモノをおかない

出典:https://gatta-media.com

床と同様にダイニングテーブルの上もなるべくモノがない状態を意識。ダイニングテーブルはリビングの中心でもあるので、ここが散らかっていると他の場所も散らかりやすくなります。

ダイニングテーブルが散らかる原因になるのはやっぱり郵便物やDM類。だから、郵便物は帰宅後になるべくすぐに処理してしまうことで、テーブルの上が散らからないように心がけましょう。

 

すぐ手に取れるところに掃除用具をおく

出典:https://gatta-media.com

気づいた時にサッとお掃除できる仕組み作りも大事。特にズボラな筆者はホコリなど気づいても掃除用品を取りに行かなければならないと思うと、それだけで面倒になってしまいます。そのため、我が家のリビングはホコリが一番たまりやすいテレビのすぐ後ろに、出しっぱなしでもOKなおしゃれなホコリとりを吊るしています。

これだけでもかなりお掃除の手間が軽減できていますよ。

 

いずれも基本中の基本の考え方ばかりかもしれませんが、キレイをキープするための極意は基本動作の徹底だと感じています。ちょこちょこ、コツコツの積み重ねが汚れをためない部屋づくりにつながっていくので、無理なく継続できる環境作りを目指したいですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >