2018/05/05 20:00

遺跡? 現役? かつて存在した「失われたアルファベット」10文字

こちらの記事は2018年1月21日に掲載されたものです

日本語でも「ゐ」や「ゑ」がありますよね。

現在の英語はAからZまで26文字で構成されており、どれもがシンプルな形状をしています。それは小さな子どもだって覚えることができて、読み書きができるほど。

ですが、時代によっては違う文字が使われていたこともありました。その時点の流行により余計だとみなされたり、使われなくなったり、ほかの文字とごっちゃにされてきた挙句、現在使われる26文字に落ち着いたんです。

ユーチューバーのaustinmcconnellは、忘却の彼方に追いやられた10の文字を動画で説明してくれました。かつて「&」がアルファベットの最後の文字だったり、「ye」が「th」を表すシンボルから派生したものだった、なんて知ってました?

1:Long S

「f」にソックリだけど、横棒が突き抜けない長い「s」。これはもともと「s」として、またはsが2回続く場合の一つ目の表記に使うのですが、出だしか質問の途中にのみ使用……という用法が複雑すぎて、19世紀に使われなくなりました。ドイツ語のエスツェット みたいですけどね。

2:&

アンパサンドと呼ばれる「アンド」マーク。今から2世紀ほど前には、Zの後の27番目のアルファベットとして書かれていました。これは現在でも親しまれていますよね。

3:Thorn

上に突き抜けた「p」のような文字、たとえばアメリカ各地のお店には「Ye Olde 『店のジャンル』」の看板がよく見られています。この言葉の「Ye」はソーンと同じものですが、ドイツとイタリアのタイプライターにはソーンがなかったため、「yの右上にちっちゃいe」と書いていたそうな。ともあれ、各所で見られる「Ye」は定冠詞の「The」を表しているそうです。美人女優のベラ・ソーンは、名字をコレに省略できるかもしれませんね。

4:That

「t」と「p」を合体させたような見た目で、文字のビジュアルはThornに似ています。That(あれ)を省略して表すためのもので、古い英語の聖書のなかではThornより長生きしました。

5:Eth

大文字は「D」のようで、小文字は鏡写しの「6」のようなエズ。これはたとえば「Thing」や「Other」など同じ「Th」でも音が澄んでいるか濁るか、つまり有声歯摩擦音と無声歯摩擦音を区別するために使われたいました。この文字は濁るほうを示しています。

6:Ash

大文字も小文字も「A」と「E」をくっつけた形の文字。アニメ『イーオン・フラックス』でも使われる「イー」ですが、「A」と「E」の間くらいの発音というのが曖昧で消滅したのでした。

7:Ethel

今度は大文字も小文字も「O」と「E」をくっつけた形のコレ。発音は長めの「イー」ですが、消えたのはAshと同じ理由なんでしょうか。普通に「E」もありますし? この文字のオリジナルは、ラテン語かギリシア語にあるかもしれません。

8:Wynn

間延びした「P」のようですが、英語に「ウ」の音がなかった時代に書かれていました。元来「uu」が使われていましたが、それがのちに「W」へと変化したのでお払い箱に。

9:Yogh

鏡文字の「3」のようなこちらは、文字の間の発音「ッ」に使われていました。この文字はのちに「gh」へ繋がります。英語では「daughter」のように延ばすときに発音されない文字になっています。

10:Eng

1619年に、アレグザンダー・ギル・ジ・エルダーにより提唱された「n」の最後がクルっとはねた感じの文字。これは「~ng」の2文字をまとめたものでしたが……「g」の文字のほうが(特に印刷業界で)依然として人気が高かったのでお蔵入りになったそうな。一応IPAキーボードにはEngやそのたの文字も存在しているので、現代でも使用は可能です。

ルーツがラテン語やギリシャ語である英語。上記の文字は英語圏以外でもまだ使われていますし、発音記号になった文字もあります。読める人同士の間であれば、使うと便利だったりクールだったりするかもしれませんね。


Image: YouTube
Source: YouTube via Laughing Squid, Wikipedia(1, 2, 3, 4), 世界の特殊文字ウィキ(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7), austinmcconnell

Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文]
(岡本玄介)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >