2017/09/01 11:30

「クロックトップはヤセている女子だけのもの?」意地悪なコメントにプラスサイズモデルが一言

Instagramで人気を博している、プラスサイズモデルのNoonie Regardless(ヌーニ―・リガードレス)。

彼女が世界中の女子に向けて発信した「Body Shame(体型を恥ずかしく思うこと)」に関するメッセージに大きな反響が集まっています。

体型への意地悪なコメントに立ち向かったプラスサイズモデル

Noonie さん(@noonie_regardless)がシェアした投稿 -

ことの発端は、ヌーニーがInstagramに投稿した1枚の写真。

黒のクロップトップを着てポージングしている写真に、同性と思われるユーザーから

Leave the bralette & crop top wearing to us skinny girls.

(ブラレットとクロップトップはヤセている女の子だけのものよ)

という意地悪なコメントが寄せられました。

そんな心無い悪意に満ちたコメントに対し、ヌーニーは堂々と反論。

I don't know why people still body shame at this point. It's quit pointless if you ask me. You don't have to be skinny to rock a crop top or bralette.

(どうしていまだに自分の体型を恥ずかしく思う人がいるのかしら。それって何の意味もないことよ。クロップトップやブラレットをかっこよく着こなすのに、ヤセている必要なんてないのよ!)

2017年になっても当たり前のように存在する、ボディタイプに対する偏見と差別。

まだまだ世のなかには、「ヤセている女子のほうが太っている女子よりもイケてる!」という時代錯誤な考えが存在することを実感しました。

嫌な思い出も包み隠さずシェア。「ようやく自分を大好きになれた」

Noonie さん(@noonie_regardless)がシェアした投稿 -

以前は、太っている自分が大嫌いで、ヤセている女の子たちに憧れていたヌーニー。

小学校低学年のころからだんだん太り始め、その体型のせいでどんなにまわりに親切にしても、いつも笑われたり馬鹿にされたりしてきたのだそう。

ピルやデトックスティーなど、ありとあらゆるダイエット方法にトライして、なんとか自分もヤセている女の子になろうと奮闘した結果、

Why are you trying to be someone you're not, why can't you accept who you are and love you.

(どうして自分自身じゃない他人になろうとしているの、どうしてありのままの自分を認めて愛せないの)

I finally found myself and I love who I have become.

(ようやく自分自身をしっかり見つめて、いまの自分を受け入れ愛せるようになった)

と告白しています。

Noonieさん(@noonie_regardless)がシェアした投稿 -

他人と自分の体型を比べるのは何の意味もないことだし、無理やり自分を変えたって決してハッピーになれない。自分は自分のままで、十分愛おしい存在なのです。

ヌーニーの赤裸々な体験がそれを気づかせてくれます。

ヤセているとか太っているとか、体型のことをあれこれ思い悩むよりも、ありのままの自分を受け入れたい。

「Stop Body Shaming」の輪をどんどん広げていきたいと思います。

[Teen VOGUE, indy 100]

こちらも読まれています

・胸が小さくても、お腹が出てても水着を着るオージーガール。パーフェクトボディなんてリアルじゃない

・毛穴パックは逆にNG? 正しい「いちご鼻」ケアをプロに聞いてみた #sponsored

・セルライトだって見せちゃうヒラリー・ダフ「私にも欠点はあるわ!」 #kissmyass

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >