2017/10/19 11:30

天才はひと握り。ほとんどの人には「特別な才能」はない #オカマと映画とマイノリティ【新連載】

マイノリティ──。

「社会的少数派」の意。「社会的弱者」として言い換えられることもある。

当連載では、自身もマイノリティの立場であるライター・おつねが、マイノリティを描く映画を通して、見解を語っていきます。

『アイ・アム・サム』

2001年公開。マドンナの元彼であるショーン・ペンがアカデミー賞にノミネートされ話題となった。知的障害のため、7歳児程度の知能しかないサムは、ホームレスの女性との間に子どもを授かるが、女性は子どもとサムをおいて姿をくらます。サムは理解ある人々に囲まれながらしあわせに暮らすものの、あるとき愛娘・ルーシーを育てる資格がないと判断され、教育権を奪われてしまう。ルーシーと再び一緒に暮らすため、サムは立ち上がることを決意した。

思わず心のなかで小さく悲鳴をあげた

初めて観たのは、私自身がゲイであるということを自認し始めていた時期。

いまほどセクシャルマイノリティの人々が日の目を浴びていなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >