2017/11/16 11:30

いろいろな人がいる。いろいろな常識がある。いろいろな世界がある。 #オカマと映画とマイノリティ

マイノリティ──。

「社会的少数派」の意。「社会的弱者」として言い換えられることもある。

当連載では、自身もマイノリティの立場であるライター・おつねが、マイノリティを描く映画を通して、見解を語っていきます。

『マダム・イン・ニューヨーク』

2012年公開。インドで暮らす主人公・シャシは、ふたりの子どもと夫のために尽くす、ごく普通の主婦。家族のなかで自分だけ英語ができないことをコンプレックスに抱え、家族にからかわれるたびに傷ついていた。そんなある日、姪の結婚式のため、ひとりニューヨークへと旅だったシャシ。家族を見返すために「4週間で話せる英会話スクール」へと通いだした彼女は、ひとりの女性としての誇りと自信を取り戻していく──。

みんなと笑いながらもこっそり傷ついている人もいる 

一見オーバーなようで、とてもリアルな家庭模様を描いている印象がとても強いこの映画。

最初こそ「たかが英語が話せないくらいで、家族にこんなにバカにされないでしょ」って思いながら観てた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >