2018/03/29 16:30

LGBT映画に違和感。なんでこんなに愛に生きて愛に死んでるの!? #オカマと映画とマイノリティ

20180329_okama_movie

マイノリティ──。「社会的少数派」の意。

「社会的弱者」として言い換えられることもある。

当連載では、自身もマイノリティの立場であるライター・おつねが、マイノリティを描く映画を通して、見解を語っていきます。

『ぼくたちのチーム』

主人公・ネッドは、父親の再婚をきっかけに、ラグビー人気の高い寄宿制男子校に編入することになった。本と音楽が好きな気弱なネッドは、ゲイと疑われ、いじめられる。

そんなある日、転校してきたラグビーのスター選手であるコナーと相部屋となることに。はじめは反りの合わなかったネッドとコナーだが、音楽を通して、次第に友情を深めていく──。

突然お仕事が休みになってできた休日は、ひたすらNetflixで映画やドラマ鑑賞をして贅沢に過ごしてる。

そんなときに、たまたまオススメに出てきたのが『ぼくたちのチーム(原題:Handsome Devil)』。

映画の雰囲気がかわいらしくて、日曜のお昼に観るにはぴったりの映画だと思った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >