2018/05/04 16:30

かつてイヴ・サンローランが愛した街は、ただ美しかった。UNTITLED BY KIKUNO

マラケシュの4月は、太陽の光が東京よりも強いように感じた。

夏のような日差しにより暑さは感じるものの、乾燥した少し冷たい空気が流れていて気持ち良い。

日本を出たときはまだ昼間でも少し肌寒いくらいだったので、みんなより一足早く夏気分。

東京の夏はどんなものだったかをなんとなく思い出す。

湿っぽい東京の夏ももうすぐかぁと少し憂うつになる。

建物のほとんどが土壁でできているので、日陰に入るとかなり涼しい!

東京の夏もこれくらい涼しくてカラッとしてたら楽しいのになぁ~。

旧市街・スークへ。120%の力で商品の説明をしてくれるのが楽しい

旧市街の「スーク」と呼ばれる迷路のような市場には、想像していた通りのお店が所狭しと並んでいる。

革スリッパ、スパイスやハーブ、フレグランスオイル、ランプ、それからラグやクッションカバーなど、見たことのないものばかりで目移りしまくり。

店のおっちゃんたちが次々に声をかけてきて、1秒でも立ち止まると120%の力で商品の説明をしてくれる(頼んでない)のがなんだか楽しい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >