2019/01/19 16:30

肩や背中のコリを改善。腕ぐ〜るぐる体操が痛気持ちい〜!

写真/gettyimages

仕事の疲れと運動不足で、肩も背中もとにかく痛い。湯船に浸かってもとれないコリをなんとかしたい。

がんばりすぎた体は、しっかりと伸ばしてほぐしてリセットすべき!

『自律神経どこでもリセット! も~っと ずぼらヨガ』(飛鳥新社)で紹介されている、肩と背中のコリに効くポーズを紹介します。

腕を伸ばしてぐ~るぐる。時計の針ポーズ

1. 横向きに寝る

2. 両腕を前に伸ばし上側の足のひざを曲げ床につける

3. 腕を伸ばしたまま大きい円を描くようにゆっくりうしろ回しをする

深呼吸しながら10回転 反対側の腕も同様に

(本書P. 92〜93より引用)

上側の足は前に出し、膝を直角に曲げるのがポイント。手を後ろに回したときに脇腹も伸びます。

このポーズは肩や背中だけのストレッチじゃなく、ざまざまな部位を一度にほぐすことで血流がアップするそう。

私も肩まわりが疲れたときによくやりますが、腕が背中側にきたとき(腕が3時の位置のとき)に痛くなることも。

そんなときは、腕を3時の位置で一旦ストップすると背中がよく伸びます。

きついなと感じる場所は少し止まるか、腕をゆっくり動かすことで肩や背中がよくほぐれるようになります。

肩甲骨が動くのを意識しながら回しましょう。

お風呂にゆっくり浸かったあとでやると、体がやわらかくなっているので腕を回しやすくなります。

寝る前、横になったときに時計のポーズをやれば、翌朝には疲れがリセットされているはず!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >