2019/01/31 20:30

誰もいない改札に、好きだった人の面影を見る #終電と私

写真/gettyimages

0時が近づくにつれて、街の人々は「終電」が気になりだす。

帰ろうか、残ろうか。時計を見ながら正解を考える。甘酸っぱい思い出も、切なく悲しいできごとも、思えば全部「終電」がきっかけだった。

そんな、誰もがひとつは持っている終電にまつわる物語「#終電と私」を集めてみました。

今日もまた、マクドナルドに入ってはふたりでひとつのコーヒーを分け、頭では彼氏に悪いと思いつつ、隣の席の彼にほほえむ。

大学のサークル仲間の彼氏には親友がいた。偶然ながら、親友と私は町田に住んでいた(さすがに別のマンションだけど)。

学生に人気の町で、買い物も遊びも恋も、なんでもできた。

***

親友は私の親友でもあって、読書を私に教えてくれた先生のような人でもある。そして唯一無二の相談役で、彼氏との惚気とたまにクレームをマクドナルドで聞いてもらった。

きっかけは、「借りてた本の感想を話したいね」ということになり、友人たちと遊んだあとにふたりだけで会う約束をしたことだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >