2019/01/07 11:30

スペインの情熱的な歌と踊り・フラメンコを鑑賞できるマドリード旧市街のタブラオ「カフェ・デ・チニータス」

2010年にユネスコの無形文化遺産に登録されたスペインの情熱的な歌と踊り、フラメンコ。

その起源は正確にはわかっていませんが、スペイン南部アンダルシアで生まれ、さまざまな民族から影響を受けながら200年以上に渡り進化を続けてきたそうです。

フラメンコというと踊りのイメージが強いですが、実際には踊りだけではなく、歌(カンテ)、踊り(バイレ)、ギターの伴奏が一体となった舞台芸能をフラメンコと言います。

マドリードはフラメンコ発祥の地ではありませんが、スペインの首都だけあって、「タブラオ」と呼ばれるフラメンコ専用のライブハウスがいくつもあります。

今回は「コラール・デ・ラ・モリア」「トレース・ベルメハス」などと並ぶマドリードの人気のタブラオ、「カフェ・デ・チニータス(CAFÉ DE CHINITAS)」を紹介しましょう。

カフェ・デ・チニータスはマドリードの旧市街、スペイン広場や上院議会の近くにある、17世紀の邸宅を改装したタブラオです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >