2019/01/07 06:30

【世界の機内食】エミレーツ航空エコノミークラスの機内食とは?

アラブ首長国連邦のドバイをハブ空港とし、日本からは東京と大阪から便を出しているエミレーツ航空。

2018年10月には大阪~ドバイ線にエアバスA380を導入したことでも話題となりました。

飛行機を利用した時のお楽しみの1つといえば、各航空会社ごとに異なる機内食ではないでしょうか?

今回は、エミレーツ航空を利用し大阪からドバイ経由でトルコ・イスタンブールへ渡航した際の機内食をご紹介しましょう。

関西国際空港からドバイまでの飛行時間は約11時間。

この間に食事は2回ほど提供されます。

1回目は離陸後1時間半くらいしてから。

メインはチキンとアプリコットの蒸し煮(タジン)、もしくは牛肉入りのアジア風焼きそばから選択できます。

今回はエキゾチックな組み合わせが魅力的な「チキンとアプリコットの蒸し煮(タジン)」をご紹介。

タジンにはあたたかいマッシュポテトとピスタチオがトッピングされています。

味わいはトマトソースのような酸味と甘みを感じる味わいで、非常にサッパリとした味わいです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >