2019/01/15 09:30

建築家の恋心が表れた皇女ミフリマー・スルタンのための2つのモスク / ミフリマー・スルタン・モスク(ユスキュダルとエディルネカプ)

トルコ史上最高の建築家と評され、現在に生きる私たちにも多くの遺産を残してくれたミマール・スィナン。宮廷建築家としてオスマン帝国時代に活躍し、モスクや霊廟、宮殿など合計374もの建築物に従事しました。

そんなスィナンが密かに恋心を抱いたといわれるのが、オスマン帝国を最盛期に導いた皇帝スレイマン1世の娘、ミフリマー・スルタン。

スィナンは皇女ミフリマーのために、イスタンブールにモスクを2つも建設しました。

一つ目は、1548年に完成したイスタンブールのアジア側のユスキュダルという街にあるモスク。

埠頭のすぐ近くにあり、船やバスなどを利用する人たちが毎日目にするため、ユスキュダルのランドマーク的存在になっています。モスク内部は外の喧騒が嘘のように静謐な空間。アーチの淡い色合いや窓の装飾など、ひとつひとつが女性らしく品があるデザインになっています。スィナンから見たミフリマーを表現しているかのようなモスクです。


今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >